マタイの福音書9:1-13(13)    [NIV]

罪人を招くためです

□4月23日(金)

 イエス様は、床に寝かせたまま中風の人を運んできた人たちの信仰を見ました。イエス様は中風の人に「子よ、しっかりしなさい。あなたの罪は赦された。」と言われました。すると律法学者たちは「この人は神を冒涜している」と心の中で言いました。なぜなら、神様だけが罪を赦すことができると考えたからです。彼らの考えは間違いではありません。しかし、彼らはイエス様こそが神様であり、罪を赦す権威がある方だと悟ろうとしませんでした。イエス様は中風の人を起き上がらせ、ご自分に罪を赦す権威があることを表しました。

 イエス様はそこから進んで行き、マタイという人が収税所に座っているのを見て、「私について来なさい。」と言われました。すると、彼は立ち上がってイエス様に従いました。イエス様が家の中で食事の席についておられるとき、取税人たちや罪人が大勢来て、イエス様や弟子たちと共に食卓に着いていました。パリサイ人たちはイエス様を断罪しました。イエス様はこれを聞いて「医者を必要とするのは丈夫な人ではなく病人です。」と言われました。イエス様は罪の病を患っている罪人たちのために、この世に来られました。イエス様はパリサイ人たちに向かって「わたしが喜びとするのは真実な愛。いけにえではない。私が来たのは正しい人を招くためではなく、罪人を招くためです。」と言われました。イエス様は罪を患っている人々を招き、救う為に来られたのです。自分が義人だと思う人は、イエス様に出て行かないので罪の赦しを受けられません。しかし、自分が罪人であることを認めてイエス様に出て来る人は、イエス様が与える罪の赦しを受けることが出来ます。イエス様はどんな罪人をも罪を定めず、赦されます。



適用:罪人ですか

一言:私は罪人を招くために来たのです

【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】は個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

聖書別日ごとの糧