□9月16日(木)


子ろばに乗られたイエス様


マタイの福音書21:1-11(9)

聖書本文

21:1 さて、一行がエルサレムに近づいて、オリーブ山のふもとのベテパゲまで来たそのとき、イエスはこう言って、二人の弟子を遣わされた。
21:2 「向こうの村へ行きなさい。そうすればすぐに、ろばがつながれていて、一緒に子ろばがいるのに気がつくでしょう。それをほどいて、わたしのところに連れて来なさい。
21:3 もしだれかが何か言ったら、『主がお入り用なのです』と言いなさい。すぐに渡してくれます。」
21:4 このことが起こったのは、預言者を通して語られたことが成就するためであった。
21:5 「娘シオンに言え。『見よ、あなたの王があなたのところに来る。柔和な方で、ろばに乗って。荷ろばの子である、子ろばに乗って。』」
21:6 そこで弟子たちは行って、イエスが命じられたとおりにし、
21:7 ろばと子ろばを連れて来て、自分たちの上着をその上に掛けた。そこでイエスはその上に座られた。
21:8 すると非常に多くの群衆が、自分たちの上着を道に敷いた。また、木の枝を切って道に敷く者たちもいた。
21:9 群衆は、イエスの前を行く者たちも後に続く者たちも、こう言って叫んだ。「ホサナ、ダビデの子に。祝福あれ、主の御名によって来られる方に。ホサナ、いと高き所に。」
21:10 こうしてイエスがエルサレムに入られると、都中が大騒ぎになり、「この人はだれなのか」と言った。
21:11 群衆は「この人はガリラヤのナザレから出た預言者イエスだ」と言っていた。

聖書引用:新改訳2017 ©2017 新日本聖書刊行会


日毎の糧

 エルサレム入城が目の前に近づいて来ました。キリストとしての戴冠式のために、イエス様は二人の弟子を向こうの村に行かせ、つながれているろばと子ろばを連れて来るように言われました。目的地まで来てろばに乗ろうとする理由は何でしょうか。これは預言者ゼカリヤを通して語られたこと(9:9)が成就するためでした。キリストは、主の主であり、王の王です。しかし、白馬に乗って軍楽隊のファンファーレと騎兵たちの護衛の中で入城する世界の王たちとは違います。一般民衆と子供も一緒に参加できるような戴冠式を準備されました。敷居が低くて、誰でもその前に出て行くことができます。人々が見下すような人さえも近づき、癒しと助けを求めることができます。イエス様は実に謙遜の王です。

弟子たちは自分たちの上着をろばの上に掛け、イエス様はその上に座られました。すると非常に多くの群衆が、自分たちの上着を道に敷き、木の枝を切って道に敷き、イエス様を王として迎えました。そして、イエス様の前を行く者たちも後に続く者たちも、「ホサナ」(お救いください)と叫びました。イエス様だけが私たちの誉れと賛美と栄光を受けるのにふさわしい方です。群衆と同じように、イエス様を自分の王として迎え入れ、治められるなら、私たちの心に救いの大きな喜びが与えられます。



適用:イエス様のために私の上着を敷きましたか

一言:ホサナ

【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】は個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

聖書別日ごとの糧