2021年マタイの福音書第32講(♪ 344番 )

神の国は、神の国の実を結ぶ民に与えられます

御言葉:マタイの福音書21:23~46
要 節:マタイの福音書21:43

  1. 祭司長たちや民の長老たちがイエス様に何を尋ねましたか(23)。イエス様はご自分の権威について、どのように表されましたか(24-27, マタイ3:16,17)。彼らがイエス様の権威を認めない理由は何でしょうか。
  2. 二人の息子の例えで、誰が父の願ったとおりにしたでしょうか(28-31a)。二人の息子は、それぞれ誰を指していますか(31b)。なぜ、取税人たちや遊女たちが、祭司長たちや民の長老たちより先に神の国に入ることができるのでしょうか(32)。
  3. ぶどう園の例えで、主人はぶどう園をどのように造設し、誰に貸してから旅に出かけましたか(33)。収穫の時が近づくと、主人は何のために農夫たちのところにしもべたちを遣わしましたか(34)。農夫たちはしもべたちをどのように扱いましたか(35-36)。
  4. その後、主人はどんな望みを持って、息子を農夫たちのところに遣わしましたか(37)。しかし、農夫たちは、主人の息子に対し、どんな悪いことをしましたか(38,39)。彼ら(宗教指導者)は、「ぶどう園の主人が帰って来たら、農夫たちをどうする」と、イエス様に言いましたか(40,41)。
  5. イエス様は、この二つの例えから、祭司長たちとパリサイ人たちが裁かれることをどのように示されましたか(42-46)。神の国は誰に与えられますか(43b)。神の国の実を結ぶことについて、話してみましょう。
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です