2021年UBF宣教師修養会 主題1講

キリストにあるこの思いを抱きなさい

御言葉:ピリピへの手紙2:1-30
要 節:ピリピへの手紙2:5
「キリスト・イエスにあるこの思いを、あなたがたの間でもいだきなさい。」

1.ピリピの聖徒たちは、どんな恵みを受けていますか(1)。このような恵みに基づいて、共に行なうべきことは何でしょうか(2)。そのために、「してはならないこと」と「すべきこと」とは、何でしょうか(3,4)

2.ピリピの聖徒たちは、どんな思いを抱くべきでしょうか(5)。イエス様は、本質的に神様の御姿ですが、ご自分をどのほどまでに、低くされましたか(6-8)(参照。ヨハネ1:1,コロサイ1:15)。神様は、このようなイエス様をどれだけ高く上げられましたか(9-11)。

3.ピリピの聖徒たちは、どんな思いで、「自分の救い」を達成しなければならないのでしょうか(12,13)。すべてのことを「不平を言わずに、疑わずに行なう」理由は何でしょうか(14-16)。パウロは、ピリピの聖徒たちの信仰と奉仕をどれだけ喜びますか(17,18)。

4.パウロは、子どものように大切に思うテモテを、なぜピリピの聖徒たちのもとに送りたちと思いますか(19-24)。エパフロディトはどんな人であり、ピリピの兄弟たちに向けられた彼の思いはどうでしたか(25-28)。パウロは福音の同労者たちをどれだけ尊く思いますか(29,30)。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です