2021年ミカ書第4講                               (♪ 324 )

エルサレムから主のことばが出るからだ

御言葉:ミカ書4:1-13
要 節:ミカ書4:2

1.終わりの日、エルサレムはどのようになりますか(1,参照3:12)。その日に、多くの国々がエルサレムに来る理由は何ですか(2)。
2.神様が多くの民族をさばき、判決を下すと、国と国の間に、また、人々にどんな変化がありますか(3,4) 。その時、人々はどのように告白するようになりますか(5)。
3.主が集めてくださる人々、彼らに対する主の働きについても話してみましょう(6,7)。その時、エルサレムの主権はどうなりますか(8,Ⅱサムエル7:16)。
4.国を失ったユダヤ人の苦しみ、痛みはどうですか(9,10)。けれども、主がバビロンで行われると約束してくださったことは何ですか(10b)。
5.終わりの日に、多くの国々はエルサレムに対してどうします(11-12、ゼカリヤ14:2)。しかし、今度はエルサレムの人々が多くの国々に対してどのようにしますか(13)。
6.以上から、エルサレムを回復させてくださる神様について、話してみましょう。真の力はどこから出てくるのでしょうか。

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です