2021年ミカ書第6講       (♪ 355 )

私の救いの神を待ち望む

御言葉:ミカ書6:1-7:7
要 節:ミカ書7:7 「しかし、私は【主】を仰ぎ見、私の救いの神を待ち望む。私の神は私の言うことを聞いてくださる。」

1.主はだれを訴えておられますか(1,2)。主がご自分の民、イスラエルと何を論争されますか(3⁻5)。
2.私の背きのために、何をもって主の御前に進み行くべきでしょうか(6,7) 。主が私たちに求めておられることは何でしょうか(8)。
3.私たちはどのようにして英知を得ることができますか(9;箴言1:7)。なぜ、神様はご自分の民を裁かれますか(10-16;Ⅰ列王記16:30-32)。
4.なぜ、ミカは悲しんでいますか(7:1-4)。当時の人々の罪の結果、人間関係はどれほど惨めになってしまいますか(7:5,6; マタイ10:21,36)。このような社会の中でもミカはどのように生きようと決断しますか(7:7)。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です