2021年ハバクク書第2講

正しい人はその信仰によって生きる。

御言葉/ハバクク書2:1~20
要 節/ハバクク書2:4 『見よ。彼の心はうぬぼれていて直ぐでない。しかし、正しい人はその信仰によって生きる。」』

1. ハバククはどんな姿勢で主の語られることを待っていますか(1)。主は、ハバククに何をするように、命じられましたか(2)。幻の内容は何であり、いつどのように成し遂げられますか(3)。
2. 彼(バビロン)の心は、どんな状態でしたか(4a)。しかし、正しい人は何によって生きるべきでしょうか(3)。「信仰によって生きる」とは、どのように生きることですか。
3. 彼ら(カルデヤ人;バビロン)の罪は何であり、どんな裁きが下されますか(5-12,15-19))。これらのことは誰によるものですか(13)。地は何によって満たされますか(14)。
4. 主はどこにおられますか(20a)。主がハバククに示されるメッセージは何ですか(20b)。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です