2021年ハバクク書第3講     (♪315)

私は【主】にあって喜び躍り

御言葉:ハバクク書3:1~19
要 節:ハバクク書3:18
「しかし、私は【主】にあって喜び躍り、わが救いの神にあって楽しもう。」

1.預言者ハバククは何を聞き、何を恐れていますか(1,2a)。ハバククは何を祈っていますか(2b)。
2. テマンとパランの山から来られる主の威光はどうですか(3,4, 申命記33:2)。神様はどんなことを行われますか(5-7)。
3. 主はどんな力あるわざを行われますか(8-11)。主は御民と油注がれた者を救うた
めに悪しき者をどのように裁かれますか(12-15)。苦しみの日を待つハバククの
心境はどうですか(16a)。しかし、彼は何と言っていますか(16b)。
4. ハバククは何の実もなく、荒れ果てても、絶えていなくなっても、何をすると言っていますか(17,18)。主はハバククにとってどんな方ですか(19)。恐ろしいさばきが近づいていますが、主にあって喜び踊り、楽しむハバククの信仰について話してみましょう。

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です