2021年ヨハネの福音書11講(182番)

さばきを下さないイエス様

御言葉:ヨハネの福音書7:53-8:20

要節:ヨハネの福音書8:11

 

  1. いつ、律法学者とパリサイ人が姦淫の場で捕らえられた女を連れて来ましたか(7:53-8:3)。彼らはイエス様にどんな質問をしましたか(4,5)。その意図は何ですか(6a)。

 

  1. 彼らが問い続けるので、イエス様は何と答えられましたか(6b-8)。「あなたがたの中で罪のない者が、まずこの人に石を投げなさい。」という御言葉にはどんな意味が含まれていますか。なぜ、だれも彼女に石を投げられなかったでしょうか(9a)。

 

  1. 真ん中にいた女とともに、イエス様だけが残された事実は何を示唆してくれますか(9b)。イエス様は彼女に何と言われましたか(10,11)。さばきを下さないイエス様を通して私たちはどんな望みを持つことができますか(参照;ヨハネ3:17)。

 

  1. イエス様はご自身について人々に何と語られましたか(12a)。イエス様に従う者は、どうして闇の中を歩むことはありませんか(12b)。

 

  1. パリサイ人は、なぜイエス様の証しが真実ではないと言いましたか(13)。それに対してイエス様はどんな根拠を持ってご自分の証しとさばきとが真実であると答えられましたか(14-19)。その時、イエス様は宮の献金箱の近くで話されましたが、なぜ誰もイエス様を捕らえなかったですか(20)。

 

 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です