出エジプト記 26:1-37(33)    [NIV]

幕と幕屋の板

□6月9日(水)

 神様は幕屋の幕とすべての板を造るように命じられました。幕の種類は二つあります。一つは蓋をするためのもので、もう一つは場所を仕切るためのものです。まず蓋の役割をする幕は撚り糸で織った亜麻布、青、紫、緋色の撚り糸を用い、意匠を凝らして、それにケルビムを織り出さなければなりません。幕屋の上に掛ける天幕のためには、まず、やぎの毛の幕を作り、それを赤くなめした雄羊の皮で覆います。その上に防水性の高いじゅごんの皮で作った覆いを掛けます。内側はまるで王の寝室のように華麗で、外側は丈夫に造らせました。その幕は契約の箱と宥めの蓋を大切に保護するためのものです。

もう一つの幕は、庭と幕屋を仕切るための幕であり、幕屋と至聖所を仕切る幕です。それは庭から幕屋にむやみに入らせないようにするためのものです。また聖所から至聖所にむやみに入ったり覗いたりすることができないようにするためのものです。神様は彼らとともにおられるために幕屋を造らせましたが、むやみに罪人たちが聖なる神様のところに入ってはいけません。大祭司を通してのみ、神様の前に出て行くことができます。このように幕は、神様の聖なる品性と人間の限界を区別するものです。この幕屋の幕は、イエス様の十字架の死によって真っ二つに裂かれ、イエス様によってだれでも自由に神様に出会うことができるようになりました。

 幕屋の板は幕屋を設営するための壁となります。板は三つの糸と銀の台座で立てます。しっかりとつなげ、荒野の強い風にも倒れないように造らせました。神様と会見する場所は、外部と仕切られています。神様は私達との交わりが、親密な、且つ、揺るぎないものであることを願っておられます。



適用:聖なる神様を畏れ敬いますか

一言:幕は仕切られています

【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】は個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

聖書別日ごとの糧