□9月26日(主日)


まず、杯の内側をきよめよ


マタイの福音書23:25-39(26)

聖書本文

23:25  わざわいだ、偽善の律法学者、パリサイ人。おまえたちは杯や皿の外側はきよめるが、内側は強欲と放縦で満ちている。
23:26 目の見えないパリサイ人。まず、杯の内側をきよめよ。そうすれば外側もきよくなる。
23:27  わざわいだ、偽善の律法学者、パリサイ人。おまえたちは白く塗った墓のようなものだ。外側は美しく見えても、内側は死人の骨やあらゆる汚れでいっぱいだ。
23:28 同じように、おまえたちも外側は人に正しく見えても、内側は偽善と不法でいっぱいだ。
23:29  わざわいだ、偽善の律法学者、パリサイ人。おまえたちは預言者たちの墓を建て、義人たちの記念碑を飾って、
23:30 こう言う。『もし私たちが先祖の時代に生きていたら、彼らの仲間になって預言者たちの血を流すということはなかっただろう。』
23:31 こうして、自分たちが預言者を殺した者たちの子らであることを、自らに対して証言している。
23:32 おまえたちは自分の先祖の罪の升を満たすがよい。
23:33 蛇よ、まむしの子孫よ。おまえたちは、ゲヘナの刑罰をどうして逃れることができるだろうか。
23:34 だから、見よ、わたしは預言者、知者、律法学者を遣わすが、おまえたちはそのうちのある者を殺し、十字架につけ、またある者を会堂でむち打ち、町から町へと迫害して回る。
23:35 それは、義人アベルの血から、神殿と祭壇の間でおまえたちが殺した、バラキヤの子ザカリヤの血まで、地上で流される正しい人の血が、すべておまえたちに降りかかるようになるためだ。
23:36 まことに、おまえたちに言う。これらの報いはすべて、この時代の上に降りかかる。
23:37  エルサレム、エルサレム。預言者たちを殺し、自分に遣わされた人たちを石で打つ者よ。わたしは何度、めんどりがひなを翼の下に集めるように、おまえの子らを集めようとしたことか。それなのに、おまえたちはそれを望まなかった。
23:38 見よ。おまえたちの家は、荒れ果てたまま見捨てられる。
23:39 わたしはおまえたちに言う。今から後、『祝福あれ、主の御名によって来られる方に』とおまえたちが言う時が来るまで、決しておまえたちがわたしを見ることはない。」

聖書引用:新改訳2017 ©2017 新日本聖書刊行会


日毎の糧

律法学者たちとパリサイ人たちは、杯と皿の外側をきれいに洗いましたが、その中は強欲と放縦で満ちていました。彼らは白く塗った墓のようでした。彼らの内面は腐った死体のように汚れていましたが、外面はそうではないかのように偽造して正しいふりをしました。最も深刻な問題は、このような生き方を指摘されても、考え方を改めなかったことです。神様は、預言者たちを送り、彼らの罪を指摘しながら悔い改めるように助けました。しかし彼らは遣わされた主のしもべたちを殺し、十字架に付けて鞭打ちました。自分たちの不義を表す義人たちを嫌がって彼らを殺しました。神様はこのように考え方を変えないで、むしろ義人たちを殺した彼らを徹底的に裁かれます。エルサレムは異邦人たちから無惨に踏みにじられ、荒れ果てたまま見捨てられることになります。彼らが心を低くして謙遜に主を受け入れるまで、エルサレムの荒廃は続くことでしょう。

 信仰生活において本当に重要なのは、外面よりも内面です。外貌を良く見せることに熱心な者は多いでが、内面を聖く、美しく飾ろうとする者は少ないです。神様は私たちが貞潔に装うことを願われます。神様は、御言葉と御業と人々を通して、私たちの内面の汚れが現れるようにされます。その時、私たちは謙遜な心で自分の汚れを認めて、イエス様の御血に頼って洗っていただかなければなりません。その恵みに基づいて御言葉に従う時、私たちの内面は貞潔で美しくなります。



適用:外側だけきれいにしますか

一言:外側より内側を

【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】は個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

聖書別日ごとの糧