□9月22日(木)


神に近づきなさい


ヤコブの手紙4:1-10(8)

日毎の糧

聖徒たちの集まりの中で起こる戦いや争いの原因は、欲望と妬みです。ですから、この問題を解決するためには体の中にある欲望を取り除き、妬みを悔い改めるべきです。そのために謙遜に祈らなければなりません。神様は、悔い改めて捧げる祈りを喜んで聞いてくださいます。祈る時、自分の欲望を満たすために祈るのではなく、神様のみ旨が行われるために、神様の御心を求めながら祈らなければなりません。また、教会内の争いを無くすためには、「世の友」となってはいけません。「世の友」となる者は、神様の敵になります。神様の敵が教会の中にいるとしたら、他の生徒たちと衝突します。ですから、「世の友」となって霊的姦淫をする者たちは、自分の高慢を悔い改めてへりくだるべきです。神様は高ぶる者を退け、へりくだる者に恵みをくださいます。へりくだる者たちが集まる時、戦いと争いが去っていきます。

人が戦い、争うようになる原因は、悪魔です。悪魔が情欲と妬みを誘発し、世と友になるように誘惑します。ですから、悪魔に立ち向かって退けるべきです。悪魔に立ち向かう道は、神様に従うことです。もうこれ以上、悪魔が接近できないように、聖徒たちは神様に近づくべきです。そうすると、神様も私たちに近づいてくださいます。神様の前で、罪によって嘆き悲しみ、心を砕いて、自分をへりくだらせるなら、神様が私たちを高めてくださいます。神様に近づく者は、霊的に勝利します。



適用:主よ!私たちの中に、ねたみと争いがある時、むしろ神様に近づくことで、勝利できることを学びます。

一言:神様に近づきなさい

【日ごとの糧】(daily bread)とは
【日ごとの糧】は個人的に、毎日欠かさず聖書を黙想し、生活と一体化するよう助ける案内書です。今日の御言葉を毎日黙想するためのQT教材です。
三ヶ月ごとに定期的に出版し、4年間で聖書全巻を学ぶことができるように編集されています。
教会の早朝祈り会、家庭礼拝、その他の集まりで今日の御言葉として活用されています。
特に、このような集まりで受けた御言葉の恵みを書いてお互いに発表すれば、聖徒の交わりと信仰の成長に大きな助けとなります。
弊宣教会は1968から【日ごとの糧】を出版しており、現在も複数のスタッフ(幹事、牧師)によって執筆され、3ヶ月ごとに定期的に出版しております。日本UBFの日ごとの糧は、英語・韓国語の日ごとの糧を元に翻訳・編集されたものです。

聖書別日ごとの糧